初めて自分のお金で、ホンダのアコードを買ったときの思い出。

初めて自分のお金で、ホンダのアコードを買ったときの思い出

人生で初めて、自分で働いて稼いだお金で車を買った時って、誰もが格別の思いがあるんじゃないでしょうか。

 

 

私も安い給料から毎月必死でお金を貯めて、キャッシュで車を買ったときは何だか誇らしく思えたものです。

 

 

我が家に新車が来たとき、私の両親は車の免許を持っていなかったので、父も母も自分のことのように喜んでくれました。

 

 

二人を乗せて初めて運転したときは「親孝行できたな〜」と思えました。

 

 

その頃は大きな車が好きだったので、自分が買える範囲内の価格帯で選んだのがホンダのアコードでした。

 

 

スタイルも気に入っていたので、乗り潰すまで長く付き合った車でした。

 

 

那覇で車を売ったり買い替えするなら那覇市車買取です。

 

 

その後は結婚して子どもが出来てミニバンに乗り換え、子どもが大きくなった今は、経済性とお手軽さから軽自動車になりました。

 

 

年齢とともに乗る車も変わってくるものですね。

 

 

これまで何台も車を乗り継いできましたが、やはり初めて自分で車を買ったときの思い出っていうのは、自分の中に強烈に残っているものです。

 

 

そして一番思い出深く、いつまでも忘れることが出来ません。

 

 

今はもう亡くなってしまった父の思い出とともに、大事なものになっています。

 

 

あっ!それから、キャッシュで支払う時の、あの何とも言えない「どうだ〜」って感じは、たまらないですね!